2008年09月28日

『発育・発達からひも解くコア』WS開催!

お待たせしました。


日本コアコンディショニング協会認定ワークショップのお知らせです。


待望の『発育・発達からひも解くコア』WSが開催されます。

主催はAll Happy Project(AHP)
all.happy.project@gmail.com


コアコンディショニングとは

ヒトの発育・発達過程に沿って進められるコア機能再学習エクササイズです。


私たちの人間の人間たる所以は、直立にあります。

遠い昔、私たち人間の祖先は、二本の足で立ち、歩き始めました。
二本の足で立つことで、両手が自由に使え、様々な巧緻作業が
脳の発達を促しました。

骨盤を立て、背骨が直立することで声帯が発達し、言葉を操れるように
なりました。

こうして私たち人間は、人類として進化してきたのです。


私たち人類の直立の獲得は、長い何億年にも及ぶ脊椎動物の
進化の最高峰であり、私たちの骨格、筋肉、神経反射、姿勢反射には、
重力を上手に活用しながら、地球上で二本の足で立ち、
動くための工夫がそこかしこに隠されています。


そしてこの、脊椎動物が二本足で立ち上がるまでの過程を
私たち人間はお母さんのおなかの中、胎児の時から繰り返し学習し、
人として立って歩けるようになるのです。


この人間の原理原則ともいえる直立のための様々な工夫を
ベースに考えられたのが
コアコンディショニング』のエクササイズです。



このワークショップを受けると、

● なぜ、コアが大切なのかがわかります。
● コアスタビライゼーションに隠された理論が理解できます。
● コアコンディショニングの全貌が理解できます。div>


過去の受講者の感想

★ 目からウロコがポロポロ落ちた!!
★ ADVのあの小さな動きや呼吸が、なぜエクササイズになって
いるのかがよ〜くわかった!!
★ コアコンディショニングの奥義が垣間見られました!
★ コアコンディショニングとコアトレーニングの違いがはっきりわかった!!
★ あまりにも壮大だ!!
★ ヒトがこんなにも精巧にできているとは驚いた!!


あなたに指導に深みが増すこと間違いないです!!!



『発育・発達からひも解くコア』


【日 時】 平成20年11月2日(日)
10:00〜17:00(受付9:30〜)

【会 場】 福岡県糟屋郡篠栗町大字田中1番地1
篠栗総合保健福祉センター オアシス篠栗
http://www.town.sasaguri.fukuoka.jp/si/index_si02.html

【受講料】 JCCA 会員価格 13,650円
非会員価格 18,900円

会員で以前に同講座を受講した方の再受講価格
ADV認定者 10,920円
MT認定者 8,190円

【申 込】 下記内容をメールにてお申し込みください。
all.happy.project@gmail.com

@ お名前・JCCA会員番号
A 〒 住所
B TEL&FAX
C 携帯電話番号
D メールアドレス
E ご職業
F お振込金額・お振込み予定日
G BIR・ADV認定者・MT認定者
初受講・再受講(不要なものを削除)
H 受講動機・目的

【振込先】 トマト銀行 本店営業部 普通預金 7798141
口座名義 All Happy Project

【お振込期限】 10月24日(金)

【持ち物】 筆記用具・バスタオル・動きやすい服装
昼食は各自でご用意ください。



ワークショップに関するお問い合わせは

All Happy Project(AHP)
メール:all.happy.project@gmail.com






posted by cosmos at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

ベーシックインストラクター講習会 & アドバンスドトレーナー講習会

日本コアコンディショニング協会の講習会のご案内です。


【 ベーシックインストラクター(BIR) 】

コアコンディショニングの基本、ストレッチポールを使用した
「ベーシックセブン」のスキルを習得し、安全で正しい指導方法を
学びます。
受講資格は問いません。


● 10月26日(日) 12:30〜16:30

下松市地域交流センター(山口県)


● 12月 7日(日) 9:30〜12:30

(財)岡山市ふれあい公社 北ふれあいセンター




【 アドバンスドトレーナー(ADV) 】

ベーシックセブンからさらにコアコンディショニングを深めていきます。
リセットされた身体は今まで体感したことがない驚きと感動です。
すべての人に必要な動作の再学習、そのベースメソッドに
触れることができます。
受講資格は、BIR修了およびJCCA会員です。


● 11月23日(日)・24日(月・祝)9:30〜16:30

(財)岡山市ふれあい公社 北ふれあいセンター


● 12月13日(土)・14日(日) 9:30〜16:30

周南市市民交流センター(山口県)



講習会のお問合わせ先

Cosmos:cosmos.c.c@y7.dion.ne.jp





posted by cosmos at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

JCCA シンポジウム2008

去る9月21日(日)、名古屋国際会議場にて

日本コアコンディショニング協会のシンポジウムが

開催されました。



今年のテーマは


『原・点・回・帰』

見つめなおそう、原点を。



プログラムをご紹介します。

● 特別講演
「コアコンディショニングとコアセラピー」
〜その理論と実際〜
JCCA理事 蒲田和芳

● 基調講演
「コアコンディショニングの原点」
〜動物としてのヒト〜
JCCA会長 岩崎由純

● コアセラピー研究部会
研究経過報告
コアセラピー研究部会長 横山茂樹

● マスタートレーナー活動報告
「特定高齢者を対象としたコンディショニング指導」
〜山口県下松市における取り組み〜
マスタートレーナー 中原理子

● 第3期・第4期 マスタートレーナー合同認定式



1日があっという間に過ぎるくらい、盛りだくさんの内容でした。

コアコンディショニングは確実に進化しています。

しかし、コアコンディショニングはヒトとしての『原点』でもあるのです。



だからこそ私たちがヒトとして忘れてしまっている原点を
見つめなおす必要があるのです。

岩崎会長の講演では70年前の本に書かれていることについての
お話がありました。


ドイツのジョセフ・ピラティスが書いた「コントロロジー」


コアコンディショニングでいわれていること、そのまんまでした。


最後に岩崎会長と少しだけお話ができました。


『今の時代には本物が伝わっていない。
だから我々は本物を知る必要がある』


ピラティスもそれを感じます。

グッドタイミングで、10月5日には
「ピラティス&コアコンディショニング」のワークショップを開催します。


ピラティスとは何か?
コアコンディショニングと通じるところは?



ヒトのカラダは多くの可能性を秘めています。

まずは『原点』に戻って見つめなおすことから始めませんか?







posted by cosmos at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

アドバンスドトレーナー講習会

9月14日(日)・15日(月・祝)の2日間で
『アドバンスドトレーナー講習会』を行いました。

県外から受講していただいた方もあり、12時間の講習会を
楽しんでいただけたようです。


「12時間も何を勉強するの?」と思う方も
たくさんいらっしゃるでしょうね。

そこで、『アドバンスドトレーナー講習会』の内容をチラッと
ご紹介します。


この講習会は受講条件があります。

● ベーシックインストラクター講習会を修了していること
● JCCAの会員であること

以上の2点です。


ベーシックインストラクターで学んだ「ベーシックセブン」は
コアコンディショニングのほんの入り口にしかすぎません。

コアコンディショニングは「鉛直に立つ」ことを目指しています。

ベーシックセブンで体感した、「背中がべっちゃりついて気持ちいい」
だけでは私たちは立てないのです。


「いやいや、立ってるし、動けてるよ!」と思いますよね。

でも、本来のあるべき身体や動きではないことが多いのです。


コアコンディショニングは、姿勢を整えることから始めます。

そして、整えた身体を抗重力位で安定して使うための準備が
必要なのです。


ここまでを2日間(12時間)で学び、体感し、指導できる
スキルを身につけます。


現場で使うため、役立てるために受講されることがほとんどですが、
自分自身の身体の気づきにびっくりされます。


私たちがいかに自分の身体を知っているようで知らないまま、
そして当たり前だと思っているか、体感できます。


がんばって力を入れることができても、それを緩めることが
どれだけ難しいか。

特に不具合があるわけではない肩周りが、小さな動きで
緊張してしまうか。

何かをしようとすると、すぐに腰に力を入れてしまう。


今まで気づかなかった自分の身体の新たな面をたくさん知ることができます。

もちろん、それを目の前のお客様に指導できるのですから、
お客様の気づきを引き出すことができます。

そして、自分でコンディショニングができることをお伝えすることで
多くの方がさらに健康になっていきます。



『セルフコンディショニング』

人任せではなく、自分で。

そのお手伝いをさせていただくのがトレーナーの仕事だと思っています。
  
posted by cosmos at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

講談社から

本のご紹介をします。



『コアコンディショニングとコアセラピー』


監修 平沼 憲治 岩崎 由純
編集 蒲田 和芳 渡辺 なおみ

株式会社 講談社


目次

第1章 イントロダクション
第2章 コアコンディショニングの基礎知識
第3章 コアコンディショニングの方法と指導法
第4章 コアコンディショニングの介護予防への活用
第5章 コアセラピー
第6章 疾患コアコンディショニング協会の活動



コアコンディショニングはすべてのヒトの動きの
ベースメソッドです。

今現在の運動・体操・日常動作・リハビリのベースに
取り入れることでさらに安定した動き作りができます。



「なんだかよくわからないけど、おもしろそうかも」

そうなんです。


ヒトの身体はたくさんの可能性を持っています。

本来持っているものを引き出し、よりよく生きるために
コアコンディショニングはおもしろいのです。



『コアコンディショニングとコアセラピー』


必見です!!





posted by cosmos at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

二足歩行歴

あなたの2本足歴は何年ですか?

「生まれた時から足は2本ある!

だから〇〇年」

(〇〇には年齢が入りました?)



では、二足歩行歴は?

「えっ?そんなの一緒でしょ?」

って答えました?




あなたは生まれた時から二足歩行できましたか?


私達、ヒトは生まれてすぐには立てませんよね。

立つ以前に、首も据わっていない、ぐにゃぐにゃした背骨で

仰向けに寝かされているだけですよね。



では、いつから立てるようになったのでしょうか?

「〇か月過ぎかな?」
「ちょっと早くて△か月かな?」


どうやって立てるようになったのでしょうか?


不思議だと思いませんか?


生まれた時は首も据わっていないのに、
何ヶ月かすると自分の足で立てるようになる。

少しすると歩けるようになる。


育児の中で親から教えてもらったのでしょうか?

「記憶にないからわからない」

たぶん、教えてもらうことは少ないはずです。



なぜならば、私たちは立つまでの学習を自分でしているからです。








posted by cosmos at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。