2009年01月23日

腰痛 その1

みなさんは腰痛の経験はありますか?

なくても、周りに腰痛の方はいらっしゃいますか?


腰痛にもいろんな原因があります。

病院で診てもらって診断名がつく方もあります。


しかし、レントゲンで骨の異常はなく、特に治療を
要するわけでもないといわれることもよくあります。

このような人の場合、どうしますか?


ストレッチ?

腹筋?

背筋?


これらを続けることで症状が緩和されることはあります。

症状がなくなれば、治ったといえるのでしょうか?



そもそも、腰痛を引き起こす原因は何なのでしょうか?

これは個人個人で違うでしょう。



しかし、多くは『誤った身体の使い方やクセ』にあります。



ストレッチや筋力トレーニングは対処療法でしかないのです。

根本的なところを改善していかなければ、また同じことを
繰り返す可能性はあります。



では、『誤った身体の使い方やクセ』はどうすれば改善できるのでしょうか?


今のままの姿勢では、関節を動かす筋肉は今までと同じ張力しか
発揮できないのです。

硬くなるところはまた硬くなる。
使えていないところは相変わらず使えない。


なので、各関節、特に体幹部分の関節が正しい位置に戻ることが
改善のための第1歩になります。



私達は「良い姿勢」というと、ちょっと胸を張って背すじを伸ばした
姿勢を思い描きますが、はたしてそれが「良い姿勢」なのでしょうか?

その姿勢は常に保ち続けることができますか?

頑張って「良い姿勢」にしていませんか?

頑張らずに「良い姿勢」を保つにはどのようにすればいいのでしょうか?



長年かけて作り上げてきた私達のカラダです。

『誤った身体の使い方やクセ』も染みついています。

しかし、それが腰痛を引き起こしているのであれば、
『正しい身体の使い方』を身につけたいですね。


そのための第1歩が『姿勢を調える』ことです。
コアコンディショニングでは「リアライメント」といいます。








posted by cosmos at 00:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

BIR&ブラッシュアップセミナー

IMG_1196_1.jpg


2009年最初の講習会が1月11日(日)に行われました。

午前中は『ベーシックインストラクター講習会』
午後は 『リセット体験会』・『ベーシックセブンPLUS』・
『ペルコン』です。


『ベーシックセブン』を知っている、あるいはストレッチポールに
乗ったことがある方がほとんどでした。


いつも3時間の講習会の中で感じるのは、
受講者のみなさんの自分の身体の発見が大きいこと。

私達は当たり前に使っている、動かしている身体ですが、
ほんの少しのことで身体の変化を感じます。

すると、まだまだ可能性を秘めている、偏った使い方をしていることに
気づきます。


『ベーシックセブン』はコンディショニングのほんの一部分でしかありません。

本来の身体、自然な身体はもっと先にあります。
難しいことは何もありません。
簡単なことをもう一度再学習すれば呼び戻せます。


私達の身体を知り、本来の身体、動きを再学習する方法を知ると
今以上に安定した姿勢と動作が身に付きます。

老若男女、子供も大人も、一般の人もアスリートも、
本来のカラダは皆同じです。
なのでアプローチはひとつ。
それがコアコンディショニングです。



ベーシックセブン修了者のみ受講できます。
次回の『アドバンスドトレーナー講習会』では、そのアプローチを
みなさまにお伝えします。


【アドバンスドトレーナー講習会】

ひらめき 2月7日(土)・8日(日)
ひらめき 9:30〜16:30 2日間12時間
ひらめき 北ふれあいセンター
位置情報 〆切は1月30日(金)

メール お問い合わせはcosmos.c.c@y7.dion.ne.jpまで







posted by cosmos at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。